まぶた 色素沈着

まぶたの色素沈着を消したい

まぶたは色素沈着が起こりやすく、解消のために頭を悩ませている人が多い場所です。

 

剥がして陽にかざしたら、向こう側が透けて見えるくらい薄い皮膚なのに、負担がかかることも多い場所です。

 

劇的に好転するのに、コスパのいい解消法があったら嬉しいですね。

 

そんな方法を紹介していきます!

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

リムーバーで最初にアイメイクを落としましょう

まぶたはファンデーションを塗った上にアイシャドーを塗ったりと、おしゃれな人ほど負担がかかっています。

 

クレンジングオイルやクレンジングクリームを使ったり、洗顔フォームにも気を使ったりと、落とす努力も怠っていないでしょう。

 

それでも!

 

くぼみがあったり、目に入るのが心配だったりして、うまく洗えていないことも多いものです。

 

結果、

 

汚れが蓄積して、いつの間にか色素沈着して落なくなってしまいます。

 

よく落とすために強くこすって、逆効果になることも多々あります。

 

そんな自体を避けるためにも、瞼に合わせた洗浄方法を実行しましょう。

 

まぶたのメイクを落とす時は、洗浄力の強いリムーバーを使いましょう。

 

洗浄力が強いと肌に負担がかかりそうな気もしますが、

 

力を入れずにすばやく落とせるので、ゴシゴシ擦ることがありません。

 

リムーバーで先にアイメイクを落としておけば、クレンジングの際に、

 

アイメイクがほかの場所に付くのも防げます。

 

 

 

メラニンを排出する対策を取りましょう

食事

色素沈着の元になるのがメラニンですから、

 

メラニンが体から出ていけば色素沈着も解消するわけです。

 

メラニン排出のメリットが期待できる食べ物もありますから、積極的に摂取しましょう。

 

代表的な食べ物にはビタミンCが豊富ないちごと、ビタミンEが摂取できるイワシがあります。

 

 

サプリメント

いちごがない時期や魚が苦手な人は、サプリメントでも摂取できます。

 

美白になるといわれるプラセンタのサプリメントでも、いい結果を実感している人が多いようです。

 

体のお掃除屋さんともいわれるマクロファージが活動しやすくなると、メラニンも肌に留まりにくくなります。

 

 

生活習慣

冷え対策をとり、野菜を食卓に増やすのも、マクロファージが住みやすい環境を作ります。

 

本来は、新陳代謝によって体から離れていくものですから、生活習慣を見直すだけでも解消が見込めます。

 

メラニンを蓄積させないためには、メラニンが作られないようにする対策も必要です。

 

そのメリットが期待できるのがアルブチンで、化粧品にも配合され、サプリメンを利用している人も多いようです。

 

 

 

クリームや美容液で乾燥から守りましょう

保湿が大切

乾燥も色素沈着を引き起こす要因となりますが、皮膚の薄いまぶたは、乾燥にも敏感です。

 

水分を貯めておく場所の体積が少ないため、こまめに保湿してあげないとすぐに蒸発してしまいます。

 

顔やボディーに付ける美容液を付けるのは、ちょっと心配な面もありますね。

 

目の周り専用のクリームや美容液も、たくさんのメーカーから種類豊富に提供されるようになりました。

 

デリケートな場所に使うことを前提に作られたものですから、トラブルが起きる心配も少なく、安心して使えます。

 

人気のものには、保湿のメリットが期待できる成分が配合されているものがほとんどです。

 

塗るだけで、簡単にケアできて便利です。

 

<目の周り専用スキンケア>

 

【モニターの80%がその効果を実感!】クマを本気で改善『アイキララ』

 

 

マッサージ

マッサージするのも色素沈着対策の王道ですが、まぶたに直接指を当てると摩擦が生じます。

 

マッサージの際も、クリームを塗ってから行うことで滑りがよくなり、ソフトタッチが可能になります。

 

美容皮膚科で治療を続けるのと比較すれば、安価で安全で手軽な方法といえるでしょう。

 

 

 

まとめ

まぶたの色素沈着解消のためには、メイクをしっかり落とし、保湿をしっかりすることが、第一です。

 

作られてしまっても、メラニンが肌に留まらず体の外に出やすい状態を整えるためには、まず内蔵が健康であることも大切です。

 

どのケア方法が向いているのか迷っているなら、一度美容皮膚科を受診して相談してみましょう。

 

 

▼TOPページ▼

アトピーの色素沈着をたった28日間で完治させたカンタンな方法とは>>