皮膚 色素沈着

皮膚の色素沈着とは?

色素沈着の元になっているのは、シミを作るのと同じメラニン色素で、そのメカニズムはほぼ同じです。

 

摩擦や紫外線などの外部からの刺激に直接当たると、遺伝子が傷つき、ガンなどの怖い病気になるリスクが高まります。

 

それを防御するためにメラニン色素が作りだされ、真皮に害になるものが入り込まないようにしています。

 

本来、メラニンは新陳代謝により体の外に出るものなのですが、メラニンの生産が過多になって肌に残ってしまったのが色素沈着です。

 

 

 

メラニンの役割とは?

色素沈着の元になるのは、メラニンという色素です。

 

メラニンは、メラノサイトの中のメラノソームで作られます。

 

とかく悪者にされるメラニンですが、本当は害になるものの盾になって、肌を守ってくれているありがたい存在です。

 

メラニン色素がガードしてくれているもので、大きな比率を占めているのが紫外線です。

 

紫外線を浴びるとシミになるといわれるのは、紫外線に肌の奥にある遺伝子を傷つけられないために、メラニン色素が作られるからです。

 

もしメラニンが作らなければ、紫外線が直接遺伝子を攻撃し、皮膚ガンのリスクも高まります。

 

本来は肌の生まれ変わりとともに、メラニン色素も排出されるものなのです。

 

ところが浴びる紫外線の量が多すぎるなど、メラニンを大量に必要とする状況が起きると、状況が一変します。

 

作られる量と捨てられる量のバランスが合わず、皮膚の内側にメラニン色素が留まり、色素沈着となります。

 

 

 

メラニンが排出される仕組みと色素沈着の関係

皮膚は常に生まれ変わり、古いものは垢として体から離れていきます。

 

ターンオーバーと呼ばれる肌の活動で、その周期は28日といわれています。

 

肌を守ってくれていたメラニンも、このサイクルに組み込まれ、垢と一緒に出ていくのが本来の姿です。

 

この仕組みが正常に機能していれば、メラニンは28日で体から出ていくはずですから、色素沈着が起こることもないはずです。

 

なのに色素沈着が起きてしまうのは、このターンオーバーがうまくいっていないからです。

 

表面の皮膚はターンオーバーで生まれ変わりますが、奥のほうにある真皮にはそれがありません。

 

真皮にメラニンが落ちてしまうと、しつこい色素沈着に悩まされる確率が上がります。

 

それを救ってくれるのが、マクロファージです。

 

 

 

マクロファージが限界になると色素沈着が起きやすくなります

メラニンを外に出せなくする原因の1つが、肌の炎症です。

 

炎症が起きている肌は、メラニンを外に出すパワーがなくなり、肌の内側に落下してしまいます。

 

メラニンが落ちる先は、本来守るべき真皮です。

 

体には自己防衛能力が備わっているものですが、ここでメラニンを掃き出して、守ってくれるのが白血球の一種のマクロファージです。

 

ですが、

 

やはりマクロファージのお掃除能力にも限界があり、炎症が継続している状態になると、力を発揮しきれなくなります。

 

結果、

 

肌の内側にメラニンが留まることになり、色素沈着してしまいます。

 

逆にいうと、マクロファージの数が多く、活動がしやすい状態であれば、色素沈着も起きにくいということになります。

 

マクロファージの活動をサポートしてくれるといわれるものにLPSがあり、最近では化粧品にも配合されているようです。

 

食事から摂りたいなら、メカブを一品加え、お米を玄米に変えるのがオススメです。

 

 

まとめ

肌を守るために作り出されるのがメラニンで、

 

役目を終えた後のメラニンが肌の内側に留まってしまったのが、色素沈着ということですね。

 

メラニンが作られても、新陳代謝が正常であれば色素沈着は起きないということになります。

 

メカニズムをよく理解して、対応策を講じれば色素沈着を防ぐことや、解消することも可能になります。

 

 

 

▼TOPページ▼

アトピーの色素沈着をたった28日間で完治させたカンタンな方法とは>>