股 色素沈着

股は色素沈着しやすい?

股の部分は下着で締め付けられたり、肌にフィットしたジーンズなどを履いたりして、蒸れやすい環境に置かれています。

 

汗をかいて雑菌が繁殖し、痒くなって掻きむしってしまうという衝動にかられることも少なくありません。

 

そうなると色素沈着して、嫌な黒ずみが肌に残ってしまいますが、どうしたら解消できるでしょうか。

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

痒くなる原因を対処しましょう

着るものに気を遣う

まず下着を綿素材の、肌にやさしいものに変えるのが得策です。

 

なるべく肌に付かないふんわりしたスカートや、ガウチョパンツなどに変えて、締め付けや摩擦から解放されましょう。

 

デリケートゾーンも汗やかぶれで痒くなりますから、有効な対策を講じる必要があります。

 

ナプキンを選ぶ

痒くなる原因で大きいのが、生理の時に使用するナプキンです。

 

ナプキンが肌に合わなくて、かぶれて痒くなり、我慢できなくてかいてしまうと色素沈着も起きやすくなります。

 

ナプキンを綿素材の肌触りのいいものに変え、こまめに交換して清潔を保ちましょう。

 

 

★女性に人気の布ナプキン★

 

オーガニック布ナプキンの通販サイト【nunonaの布ナプキン】

 

 

摩擦を防ぐ

太っている人は股ずれが起きやすく、摩擦で色素沈着が起きやすくなります。

 

綿素材のスパッツを履いて、直接肌が擦れ合わないように対処しましょう。

 

 

清潔に!

外に出る時はウェットティッシュを常備して、トイレに入った時に拭くようにすると、雑菌の繁殖するリスクを減らせます。

 

雑菌が繁殖しにくくなれば、かゆみに悩まされることも少なくなり、掻きむしって色素沈着を起こす確率も少なくなります。

 

 

 

デリケートゾーン用のクリームを使ってみましょう

股が色素沈着しているということは、摩擦から肌を守るためにメラニンが大量発生し、

 

さらに分厚い角質に覆われている状態です。

 

ケアしたくても、顔のようにピーリング剤を使うようなことがしにくい場所です。

 

最近は、デリケートゾーン用の美白クリームがたくさん売られるようになりました。

 

人に見せたくない場所ですから、自宅でこっそりケアしたいという人が多いこともあり、人気があるようです。

 

人気の商品に配合されている成分で共通しているのが、グリチルリチン酸です。

 

炎症を抑えたり、アレルギー退治にも威力を発揮してくれたりするので、色素沈着の大元になるかゆみ対策にオススメです。

 

さらに保湿が期待できる成分で、乾燥からくるかゆみにもストップをかけてくれそうです。

 

 

 

評価の高いデリケートゾーン専用美白クリーム

 

 

 

病院での治療も検討してみましょう

セルフケアだけでは本当に効果があるのか心配とか、

 

結果に満足できない、早急に治したいという人は医療の力を借りるのもアリです。

 

股の色素沈着は、皮膚科を受診します。

 

受診すると、色素沈着を解消してくれるといわれる薬が処方されます。

 

薬には飲み薬と塗り薬がありますが、塗る薬は肌を白くする力が強力だといわれる、ハイドロキノンが処方されることが多いようです。

 

近年は化粧品にも配合されるようになりましたが、強い薬なので病院で処方してもらうと、より安心できます。

 

ハイドロキノンと合わせてよく処方されているのがトレチノインという薬で、肌の再生力を強くする効果が期待できるそうです。

 

飲み薬は、肌を白くするために必要な栄養素のビタミンB、ビタミンC、湿疹の治療薬としても使われているトラネキサム酸などがあります。

 

美容皮膚科では、レーザーによる治療も受けられます。

 

 

 

まとめ

Vゾーンのムダ毛処理の時のカミソリの摩擦も、色素沈着の原因となることがあります。

 

処理した後に保湿に気を配ることで、多少ダメージから解放されます。

 

ほかには、りんご酢を水で薄めて洗うという方法を実践している人も多いようです。

 

 

▼TOPページ▼

アトピーの色素沈着をたった28日間で完治させたカンタンな方法とは>>