脱毛 色素沈着

色素沈着しないようにするには?

きれいになるために脱毛したのに、その結果、肌が色素沈着を起こして黒くなり、醜い状態になったのでは泣くに泣けません。

 

思いきってサロンで施術してもらったのに、ムダ毛処理の代償としてきれいな肌を失ったのでは元も子もありません。

 

色素沈着しないようにする方法、色素沈着してしまったものを解消する方法にはどんなものがあるでしょうか。

 

詳しく見ていきましょう!

 

脱毛後は炎症を抑えるケアをしましょう

脱毛での色素沈着は、脱毛のために照射されたレーザーで炎症を起こしたというものが多いと思われます。

 

さらに出力を上げると、炎症のリスクは高くなります。

 

サロンやクリニックでは事前にカウンセリングがあり、適した出力で施術してくれますが、それでもリスクはゼロというわけにはいきません。

 

炎症による色素沈着であるなら、炎症を抑えるケアが適しているといえるでしょう。

 

脱毛をした後は、炎症を抑える成分が配合されたローションを塗ってあげましょう。

 

効果が期待できる成分には、グリチルリチン酸やトラネキサム酸などがあります。

 

観葉植物として人気のアロエにも抗炎症作用が期待でき、脱毛後におすすめのローションにもアロエの成分が配合されたものが多いです。

 

 

 

ビタミンC誘導体の美白効果の恩恵を受けましょう

ケアしても黒ずみができてしまったなら、なんとか消したいと思うでしょう。

 

黒ずみができてしまっても、肌を白くする成分が配合されたスキンクリームを使ってケアすれば、解消への道は開けます。

 

肌を白くするといわれる成分はいろいろありますが、脱毛で黒ずんでしまったお肌にオススメなのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体は、そのまま塗ったのでは肌へのメリットが小さくなってしまうビタミンCを、肌に取り込みやすい状態にしたものです。

 

すでに作られてしまったメラニンを退治するメリットも期待でき、これからメラニンが作られようとする動きをストップする力もあるといわれています。

 

その上、肌の生まれ変わりをサポートするメリットも期待できるので、汚れや汗で角質が溜まったことによる黒ずみの解消も期待できます。

 

新しいもののようなイメージもありますが、意外にも長い歴史があり、信頼度も高いといえます。

 

 

 

トラネキサム酸で色素沈着の解消と予防が期待できます

 

ビタミンC誘導体と並ぶ美白が期待できる成分として、オススメなのがトラネキサム酸で、同時に配合されているコスメも多数あります。

 

色素沈着もシミの一種と考えられていますが、シミをケアするためのコスメにもトラネキサム酸が配合されているものが多いです。

 

なぜなら、シミを作り出すといわれるプロスタグランジンから、指令を伝えないようにする役割を担っていると考えられているからです。

 

その働きによって、シミができるのを未然に食い止めるメリットが期待できます。

 

その上、抗炎症効果も期待できるので、脱毛後のケアには最適といえるでしょう。

 

肌からのアプローチだけではなく、錠剤になったものもあり、体の中からのアプローチができます。

 

ビタミンCなどの、美白が期待できるサプリと一緒に飲むことで相乗効果が得られる可能性もあります。

 

トラネキサム酸配合のコスメには、資生堂の「HAKU」ロート製薬の「雪ごこち」などがあります。

 

美白のサポートに頼りになるトラネキサム酸ですが、まれに湿疹や吐き気などの副作用を起こすこともありますので気を付けましょう。

 

毎年夏に向けて肌を見せる機会が増える度に、女性はムダ毛の処理に悩まなければなりません。

 

せっかくムダ毛の悩みを解消したと思ったら、今度は色素沈着のケアに悩まされるとなったら本末転倒です。

 

なるべく脱毛する前に、色素沈着の予防策を講じておきたいものです。

 

それでも不幸にして色素沈着が起きてしまったら、メリットがあるといわれる成分が入ったスキンケア用品などを上手に活用してケアしましょう。

 

 

▼TOPページ▼

アトピーの色素沈着をたった28日間で完治させたカンタンな方法とは>>