色素沈着とは

色素沈着した肌はどんな状態なの!?

疑問
そもそも色素沈着した肌はどのような状態になっているのでしょう。

 

皮膚というのはいくつかの層になっており、表皮の一番下の部分が基底層と呼ばれるところで、

 

ここにメラニン色素が増えてしまった状態のことを色素沈着と言います。

 

シミや日焼けなども色素沈着の一種ですが、シミの場合には境界がはっきりとしているものを指します。

 

色素沈着に似たものに、苔癬化(たいせんか)という状態があります。

 

これはかぶれや虫刺されなどにより皮膚炎をこじらせた時に起こる症状で、これは古い皮膚がどんどん厚くなることで起こります。

 

色素沈着のようにも見えるのですが、これは角質が厚くなったために皮膚がくすんで見えているのです。

 

色素沈着の場合には皮膚に厚みはなく、色素だけが濃くなります。

 

 

 

色素沈着が起こる原因は?

原因
色素沈着が起こるのは、何かしらの原因で皮膚にダメージが加わり、皮膚が炎症したことが根本的な原因です。

 

皮膚にダメージが加わり炎症を起こすと、先ほど紹介した表皮の一番下にある基底層では皮膚を守るためにメラニン色素がたくさん作り出されます。
少しのダメージであればメラニン色素が作られる量も少なく、すぐに肌のターンオーバーにより排出されるので色素沈着は起こりません。

 

しかし、ダメージが大きく炎症も長く続くような場合、産生されるメラニン色素の量が多いのでターンオーバーが追いつきません。

 

その結果、メラニン色素がたくさん蓄積されてしまい色素沈着を起こします。

 

この色素沈着には、一時的なものと慢性的なものがあります。

 

日焼けや火傷、怪我などによる色素沈着は一時的な色素沈着です。

 

短期間ですがダメージが多いために炎症が起こり色素沈着となります。

 

アトピーによる色素沈着は慢性的なものです。

 

ステロイドで肌が色素沈着するとも言われていますが、それよりも繰り返す肌の炎症が色素沈着の大きな原因となっています。

 

ストロイドは上手に利用しないとアトピーが長引く原因にもなるので色素沈着の原因と思われているようですが、直接的な原因ではないようです。

 

刺激や摩擦などのダメージに長時間肌がさらされることで慢性的な色素沈着が起こるのですが、これは一時的なものよりも厄介です。

 

アトピーだけでなく、身体を洗う時にナイロンタオルなどでゴシゴシと力いっぱい洗うことも色素沈着の要因となるので注意が必要です。

 

 

 

アトピーで色素沈着が起こる理由とできやすい部位について!

原因
アトピー肌では炎症を何度も繰り返すことのダメージと、さらに痒みがあるので掻いたりこすったりといったことも皮膚への大きなダメージとなります。

 

これらのダメージにより、肌のバリア機能も低下してしまいます。

 

肌のバリア機能となっている皮脂が減少し水分保持能も低下した状態ですから、小さな刺激でも大きなダメージとなります。

 

乾燥や紫外線などの外部からの刺激に弱く、水分を保つための力も弱っているという状態です。

 

アトピーではそこに痒みや炎症が起こるのですから、色素沈着もさらに悪化するという悪循環になります。

 

アトピーが起こりやすい部位には色素沈着も起こりやすいです。

 

人によって出来る場所はさまざまですが、汗が溜まりやすい首や肘の内側、膝の裏側、額などに出来やすいです。

 

色素沈着を起こさないためには、炎症を起こさないことと繰り返さないことが大切です。

 

炎症を繰り返さないための治療と同時にバリア機能を高めるためのお手入れ、さらに刺激から肌を守ることが必要です。

 

肌のバリア機能を高めるスキンケア↓


 

 

私が28日間で色素沈着を治した体験談はコチラ>>