色素沈着 クリーム

市販の美白クリームは色素沈着クリームではない!

クリーム
薬局などに行くとたくさんの美白クリームがあります。

 

色素沈着で悩む方の中には、この美白という言葉に惹かれて市販のクリームを選ぶ方も多いでしょう。

 

美白ブームもあって美白作用のあるクリームがたくさん販売され大ヒットしています。

 

しかし中には商品を売るために、美白成分が入っていないのに商品名やパッケージに美白という文字を入れていることもあります。

 

市販のクリームにはさまざまな成分が入っていますから、まずはどのような美白成分が入っているのか、色素沈着への効果は期待できるのかを確かめることが大切です。

 

また市販の美白クリームや保湿クリームには、アトピー肌にはダメージの大きなアルコールやパラベンなどの添加物が含まれた商品も多いのでこれも問題です。

 

アトピーによる肌の色素沈着を改善していくためには、低刺激であることも大切です。

 

美白という言葉だけにつられた利用していては、さらに炎症が悪化して色素沈着も悪化する可能性があります。


 

 

市販のクリームは濃度が低い!

薄い
美白作用が期待される成分には、ビタミンC誘導体やコウジ酸、アルブミンなどさまざまな成分がありますが、

 

中でも肌の色素沈着に最も期待できるのはハイドロキノンという成分です。

 

ハイドロキノンには、今ある色素沈着に働きかける作用と同時に、それ以上色素沈着の原因となっているメラニン色素が作られないように予防する作用もあります。

 

改善と予防の2つのアプローチで色素沈着の改善に大いに期待されるのがハイドロキノンですが、市販されているクリームには皮膚科で処方される医薬品ほどの効果は期待できません。

 

高濃度のハイドロキノンは、市販のクリームには配合できないことになっているのです。

 

またハイドロキノンは、効果が高く期待できる分、肌荒れなどの副作用の危険もあります。

 

塗る量などの加減や使用期間などにも注意が必要な成分なので、皮膚科などで症状を見ながら医師の指示に従って利用するのが一番です。

 

メラニンへのアプローチに優れたハイドロキノンは、上手く利用すればスピーディな効果が期待できるものの、症状を見ながら適切な使い方をすることが大切です。

 

市販のクリームでは濃度が低いと同時に、使い方が自己判断になるので赤みが出たり、反対に色素沈着が悪化するなどのリスクがあるということが問題になります。

 

 

 

直にメラニン色素にアプローチするには十分でない!

不十分
市販のクリームで色素沈着や美白が期待できると言われている商品もたくさんありますが、実際に配合された成分を見てみるとメラニン色素にアプローチするには十分でない商品がほとんどです。

 

グリセリンはホホバオイルなどの保湿成分が配合されたクリームなども、美白効果が期待できるなどと言われています。

 

色素沈着を消すためには、皮膚のバリア機能を高めるために保湿を心がけることも大切ですが、それだけでは十分にアプローチできません。

 

また、ビタミンC誘導体配合の美白クリームもたくさんありますが、これも十分ではありません。

 

メラニン色素が生成されるのを抑制する作用が期待されるビタミンC誘導体ですが、メラニン色素を除去するまでの作用は期待できません。

 

薄くすることはできるかも知れませんが、それだけでは十分な効果は期待できないでしょう。

 

肌の色素沈着を消すためには、ある程度の高い作用が期待される成分を利用することが必要です。

 

市販のクリームにはそこまでの成分が配合されておらず、また使い方も難しいですからあまり期待できないでしょう。

 

 

 

まずは肌質を変えることから

ナース
どんなに強い成分のクリームや市販薬を使っても肌のバリア機能が低いと色素沈着を繰り返してしまいます。

 

なので、まずは肌質そのものを変えるスキンケアを心がけることが大切です。

 

肌の保湿力が高まれば、ターンオーバーが正常に働いて色素沈着が自然に消えていくということも十分に考えられます。

 

肌質を変えるスキンケアと言えば私の使っている「みんなの肌潤糖」です。

 

使い続けることで肌の保湿力を高める効果があります。

 

こういったスキンケアで肌質を変えたうえで、ハイドロキノンなどの成分を配合したクリームを使用すると、

 

リスクも少ないですし効果も高いです。

 

公式サイト:みんなの肌潤糖

 

 

私が約1ヵ月で色素沈着をなおした体験談も参考にしてみてください。↓

 

アトピーの色素沈着をたった28日間で完治させたカンタンな方法とは