色素沈着 ビタミンC

ビタミンCの色素沈着への効果

ビタミンCの働き

肌が日焼けして炎症を起こした時に活性酸素が発生しますが、

 

ビタミンcは活性酸素を分解し肌へのダメージを軽減します。

 

メラニンを作りだすのはチロシンという物質ですが、ビタミンcはこの物質の生成を抑えるので色素沈着を予防できます。

 

ビタミンcはコラーゲンの合成にも欠かせない成分です。

 

ニキビの炎症を抑えたり、皮脂の過剰な分泌を抑える働きもあります。

 

収れん作用もあるので毛穴を引き締めることができます。

 

代謝が促進され、肌のターンオーバーを正常に保つのにも役立ちます。

 

 

ビタミンc配合のスキンケア

ビタミンcは空気に接触すると壊れてしまいやすいという特質があります。

 

そうして破壊されたビタミンcは、肌に浸透できません。

 

そこで、ビタミンc誘導体の入った化粧水や美容液を使うことが必要です。

 

ビタミンc誘導体は浸透前に破壊されずに、肌の内部に進んでから少しずつにビタミンcに変化していくため、肌の奥に浸透できるのです。

 

ビタミンcを配合したコスメを使う場合はビタミンc誘導体が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

黒ずみにはビタミンC誘導体クリーム

肌の黒ずみの原因は色素沈着以外にも毛穴にたまった汚れ、埋没毛であることもあります。

 

色素沈着による黒ずみの場合は、ビタミンc誘導体が配合された化粧水やクリームを使用すると改善できます。

 

ビタミンc誘導体には4種類ありますが、その中で最も吸収率が高いのはAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)です。

 

 

 

色素沈着の効果的なビタミンC商品は?

どのビタミンc誘導体にしても高濃度だと肌の刺激になるので、適切な濃度のものを使用する必要があります。

 

APPSなら0.1〜1%の濃度であれば肌に負担になりません。

 

そこで、APPSが配合されていて、しかも肌に対する刺激が少ない商品をご紹介します。

 

ドクターケイのケイカクテルVローションはパラベンやアルコール、鉱物油無添加のローションです。

 

合成香料や着色料も使用していません。

 

APPSの他に保湿成分として、ビタミンA誘導体、ビタミンPとHも配合されているので色素沈着の改善を期待できます。

 

アプレシエ「APPS」は粉末で、ミネラルウォーターか精製水に混ぜて使用します。

 

容器とセットで購入しますが、容器にはあらかじめ防腐効果のある潤い成分が入っています。

 

効果的に使うには、1ヶ月で使い切るのが理想的です。

 

水に溶かす前の粉は6か月間冷凍保存できます。

 

その他の色素沈着改善のための商品としてはシーボディ VC ローションがあります。

 

この商品にはAPPSよりもさらに効果がアップした新型ビタミンC誘導体、ビタミンA・Eが含まれています。

 

刺激が少なく、保湿力も優れているので、アトピーの方にもおススメです。

 

ただ、価格が高めなので、1週間分のVCスターターセットから始めてみるのもいいでしょう。

 

 

 

▼私の体験談▼

 

アトピーの色素沈着をたった28日間で完治させたカンタンな方法とは>>