色素沈着 化粧水

使ってはいけない化粧水

禁止
アトピーで色素沈着に悩んでいる方なら刺激の強い成分が入った化粧水は避ける必要があります。

 

その一つは防腐剤が入った製品です。

 

菌が繁殖して製品の品質が落ちないように防腐剤が使用されますが、アトピー肌の人にとっては刺激になります。

 

※注意したい防腐剤

注意したい防腐剤は安息香酸Na、パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)、シメン5オールなどです。

 

また、防腐剤の他にも、酸化防止剤のBHA、乳化剤のセタノール、pH調整剤のトリエタノールアミン等の入った化粧水も避けるのが無難です。

 

 

化粧水の成分

成分

ベースとなる成分

化粧水はベースになる成分、機能性成分、安定化成分、見た目や香りを良くするための成分で成り立っています。

 

ベースになる成分の中で最も多いのが水で、化粧水の80%以上を占めています。

 

多くの化粧水に使われているのは精製水で、これは濾過や蒸留、イオン交換といった過程を経て精製された水です。

 

その他の成分としてはグリセリンやエチルアルコール(エタノール)、乳酸Naなどの水溶性のものとワセリン、オリーブオイル、スクワランなどの脂溶性のものがあります。

 

グリセリンと乳酸Naには保湿作用があり、エタノールには抗菌、清涼作用、肌を引き締める作用などがあります。

 

脂溶性の成分は化粧水には全く含まれていないか、含まれていても10%以下です。

 

 

機能性成分

機能性成分としては、保湿効果を上げるためのセラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸、コラーゲンなどがあります。

 

また、皮脂の分泌量を整えバリア機能を向上させるプラセンタや、メラニン色素生成を抑制し色素沈着を防ぐ働きがあるビタミンC誘導体などもあります。

 

安定化成分

安定化成分は化粧水の品質や安定性を増すために加えられる成分で、防腐剤やpH調整剤、酸化防腐剤、増粘剤などがあります。

 

 

増粘剤

増粘剤は製品に粘りを与えるための成分で、ペクチンやカルボマーなどが使用されます。

 

アスコルビン酸は酸化防止剤、水酸化Naやクエン酸はpH調整剤として使われます。

 

 

 

アトピー肌に最適な化粧水

化粧水
アトピー性皮膚炎はアレルギー体質の人や、皮膚のバリア機能が低下している人に多く見られる皮膚疾患です。

 

かゆみがあるので、かいて刺激を与えると、色素沈着を起こします。

 

乳幼児よく見られますが、大人になって発症することもあります。

 

乳幼児の場合は、米や麦、卵白や乳製品などの食べ物やカビやハウスダスト、ダニが原因になることがあります。

 

大人になっても一向に治らなかったり、治ったはずなのに、大人になってから再発し色素沈着に悩まされる人もいますが、原因は不規則な生活、ストレス、化粧品、紫外線、ペット、洗剤、衣類など様々です。

 

アトピーの方が色素沈着対策で化粧品を選ぶ場合は、敏感肌用のディセンシア・サエルなど刺激の少ないものが向いています。

 

 

ディセンシア・サエルの詳細はこちら

 

 

 

関連ページ:アトピーの色素沈着をたった28日間で完治させたカンタンな方法とは