色素沈着 原因

はじめに

禁止
色素沈着の原因となる4つの行動とは

 

  1. 間違った紫外線対策
  2. 炎症を起こした肌を刺激する
  3. 物理的な刺激を与える
  4. ホルモンのバランスを崩すような生活

 

です。

 

では、具体的にどのような事に気を付ければよいのか、

 

詳しく見ていきましょう!

 

紫外線

紫外線
肌は刺激を感じると、肌を守ろうとして、メラノサイトがメラニン色素を生成してそれが表皮や真皮に沈着します。

 

これが色素沈着です。

 

紫外線も肌に刺激を与えるため色素沈着の原因になります。

 

通常はターンオーバーによってメラニンは排出されるのですが、ターンオーバーがうまくいかないとメラニン色素が真皮に落ちてしまいます。

 

これをメラノファージという細胞が処理するのですが、紫外線にずっとにさらされるとメラニン色素が継続的に真皮に落下するので、色素沈着がなかなか治りません。

 

それで、紫外線対策として、日焼け止めクリームを塗る必要がありますが、外出直前に塗る、朝塗ったら帰宅まで塗りなおさないというのでは効果がありません。

 

外出30分前に塗って、2時間ごとに小まめに塗りなおしましょう。

 

また紫外線に当たり、肌が赤くなってしまったときに、慌てて美白美容液などをつけてはいけません。

 

まず、肌を冷やして炎症を鎮めるようにしましょう。

 

 

 

アトピー

アトピー
アトピー性皮膚炎は肌のバリア機能が低下して炎症を起こしている状態です。

 

炎症を起こした肌にしてはいけないのは、掻いて肌にさらにダメージを与えることです。

 

これによりバリア機能がさらに弱まり、汚れや細菌が侵入しやすくなって炎症がひどくなります。

 

ただ、わかっていても我慢できずに掻いてしまうということはあるでしょう。

 

その時には、部屋の温度を下げたり、冷たいタオルを当てるなどするとかゆみを和らげることができます。

 

刺激

過度のクレンジング・洗顔は肌に刺激を与え色素沈着の原因になります。

 

皮膚にはNMF(天然保湿因子)、細胞間脂質、皮脂という肌の保湿を担う物質がありますが、クレンジングや洗顔をし過ぎるとこれらの保湿成分が失われて乾燥してしまうのです。

 

乾燥すると肌のバリア機能が低下し、肌は刺激から守ろうとしてメラニン色素を生成するので、色素沈着の原因になります。

 

また、入浴の際にタオルで強くこするといった刺激も色素沈着を引き起こします。

 

これらに加えてホルモンのバランスを崩すような生活も、肌のターンオーバーが正常に機能しないようにしてしまうので色素沈着の原因になります。

 

  • 睡眠不足
  • 栄養バランスの悪い食事
  • 極端なダイエット
  • 喫煙、ストレス

 

などはどれもホルモンのバランスを崩し、色素沈着につながる要因になり、アトピーも悪化させてしまいます。

 

ですから、規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事、適度な運動なども心掛けて健康な肌を維持できるようにしましょう。

 

色素沈着を消すには?

疑問
肌が色素沈着を引き起こしてしまった場合、対処法は色々とあります。

 

サプリメントや美容皮膚科のレーザー治療などもその一つですが、まずはスキンケアによって肌のバリア機能を回復させることが先決です。

 

肌のバリア機能を高めればターンオーバーが正常に働くようになり、それだけで色素沈着が自然に消える場合もありますし、

 

サプリメントを飲んだりレーザー治療を受けるにしても効果の出かたが大きく違ってきます。

 

肌のバリア機能を高めてくれるスキンケアとして、特に人気が高いのが『みんなの肌潤糖』です。

 

これは、従来の保湿用品とちがい、肌そのものの保湿力を高めてくれる自然派のスキンケア用品です。

 

肌が色素沈着してしまっても、あきらめる必要はありません。

 

正しくケアしていけば、必ず消す事が出来るので安心してくださいね!

 

公式HP⇒みんなの肌潤糖

 

 

▼私の体験談▼

 

アトピーの色素沈着をたった28日間で完治させたカンタンな方法とは>>